【論文代筆・代行・代書】のトップページに戻る   論文の標準的分量 - 論文・レポートの代筆・代行・代書

論文の標準的分量

ここで示すページ数、文字数などはあくまで「めやす」としてご提示するものです。 論文というものはどれくらい書いたら良いのか、どれくらいの分量、どれくらいの厚さになるのか、の標準的なものを示しています。 大学や学部の規定、指導教員の方針で異なります。 学会論文はでも投稿先によってページ数・レイアウトが異なりますがここでは代表的なものを挙げています。

論文ってどれくらいの分量なの?
種別想定体裁目安ページ数ページレイアウト例目安文字数
卒業論文A4,11ポイント  50〜  7540字×40行5万〜8万
修士論文A4,11ポイント  75〜10040字×40行7万〜10万
博士論文A4,11ポイント100〜15040字×40行10万〜15万
学会論文B5,9ポイント    6〜  1225字×2段×45行0.8万〜1.6万
目安ページ数に図表等は含み、総ページ数を示しています。 目安文字数には図表等を含まず、60%程度のページ当たり平均文字充填率を想定しています。



【論文代筆・代行・代書】のトップページに戻る