【論文代筆・代行・代書】のトップページに戻る   代筆・代書・代行とは? - 論文・レポートの代筆・代行・代書

代筆・代書・代行とは?

貴方も学位が欲しくないですか? ○△学博士、いや今は 「博士 (なんとか学)」が正式ですが。
貴方は研究者ですか? だったら必須の肩書きですね。
貴方は技術者ですか? 今まで培った知識・経験をまとめて博士学位を請求しませんか。
事故で怪我をして鉛筆も持てない、キーボードも打てない、とお困りではないですか?

執筆代行というのは語弊がありますね。それではゴーストライター、違法行為になってしまうことがあります。
あくまでも仕上げの代行ですよ。校閲っていうんですかね。 正確には「一歩踏み込んだ能動的校閲」とでもいいましょうか。 具体的には次のようなことを致します。

  1. アイディアの文章化。
      文章を書くのが面倒な方向けで、アイディアの箇条書き、メモ程度から格調高い論文として仕上げます。
  2. 口頭聞き取りからのテープ起こし。
      書くのが面倒、不可能な方向けで、録音テープ(デジタルデータ)から論文として仕上げます。
  3. 日本語論文の校閲・仕上げ。
      読みやすく格調高い論文に仕上げます。単なる校閲ではなく、本文を編集してしまいます。
  4. タイプセッティング。
      Word とかの汚いレイアウトを LaTeX (2ε) に仕上げます。
  5. 相談・コンサルト。
      論文が査読に通らなかったが何故か、条件付き採録になってしまった、どこを直せば良いのか、等のコンサルティング。

(1)〜(5)の組み合わせは自由です。普通は(1)+(3)とか(2)+(3)ですかね。
博士学位論文だけでなく、一般の査読論文、卒業論文、修士論文、各種レポートの仕上げも致します。

条件:
タイプセッティングは、Word, LaTeX (2ε), plain text に対応します。
「○●の問題を解いて下さい」というのはレポート代行になってしまいますからダメです。
「審査に通らなかった」というクレームは受け付けません。あくまで仕上げ代行ですから (成功報酬型システムもあります)。



【論文代筆・代行・代書】のトップページに戻る